語学留学体験談から留学するメリットをお伝えします
\Twitterフォロー絶賛募集中です♪/

語学留学体験談から留学するメリットをお伝えします

Aki

Aki

こんにちは!早く東南アジアへ行きたくてウズウズしている Aki(@tabikkoblog)です。

私は27歳の頃に務めていた会社を退職し、英語の理解を深めるためフィリピンにあるバギオというところで4ヶ月間の語学留学へ行きました。

早速ですがみなさん、語学留学に対してあまり良い印象をお持ちでない方が多いのではないでしょうか?
「語学留学って言いながら海外で遊びたいだけ」とか「人生から現実逃避するためにとりあえず語学留学に行く人が多い」など、社会からもあまり良い意味には捉えられていないのが現状かと思います。たしかにそういう勉強と遊びの半分ずつで行かれる方もいらっしゃるのかもしれませんが、中には何か目標があって本気で語学を学びに行っている方も多いかと思います。

私としては、前者も後者も一度きりの自分の人生なので、やりたいことにチャレンジすることは良いことだ!と思っており、「人生は社会の評価だけが全てではない」ということを本記事でお伝えしたいと思っております。

とにかく一度きりの人生「やらない後悔よりもやる後悔」の方が良いかと思うので、語学留学をお考えの方は本記事を参考にしていただければと思います。

語学留学するメリットは3つ

1. とにかく外国人の友達が増える

言語を学びたいと思っている人にとってはとても大きなメリットです。
渡航先によっては世界中から留学生が集まり、同じように言語を学びたい!と思っている外国人の友達が増えます。それのどこがメリットなの?と思われるかもしれませんが、自分が学んできた言語が相手に伝わり、理解し合えることができた時こそが、本来持つべき言語を学ぶということなのではないでしょうか。

でかい口を叩きましたが、「言語をもっと深くまで学びたい!」「伝えたいことを喋るために何をしないといけないのか」といった向上心や追求心に繋がっていくのです。これは言語を学ぶことにおいて大切なことであり、学ぶ目的が新たに増え、意欲が向上していくことにより、著しく成長するメリットに繋がるのです。

これは私の実体験でもあり、留学を終えてから2年近く経ちましたが、今なお留学先で出会った海外の仲間たちとはSNSで繋がっており、コミュニケーションを取るためのツールとして英語を使っています。留学当初は仕事で英語を使うためだけが目的だったのですが、今ではとにかく「不自由なくコニュニケーションを取りたい!」という意欲が増し、私の語学力を支えてくれています。

2. 自分の言語力が海外で本当に使えるものなのかを知れる

言語を学ぶ理由は人それぞれ異なり、目的も異なるかと思います。
受験勉強や会社へ就職するためにTOEICの勉強をしている方などは別かもしれませんが、言語を外国人とコニュニケーションをとるためのツールと考えるならば、本当に自分が学んでいる言語が通用するのか?と思われるはず。また、テストでは良い点を採れるが、実践で使えるレベルなのか?と心配になりますよね。

ここで説明したいことは、「日本で勉強している方法が、果たして本当に正しいのかどうか」ということです。

これは私が以前務めていた会社の上司の話になるのですが、TOEICのスコアが800点あるにも関わらず、実践では全然話すことができなかったのです。
いろんな理由があるかとは思いますが、少なからずその上司は教科書でしか語学勉強をして来ず、海外には一度も行ったことがなかったのです。

これってなんか勿体ないですよね。
次のタイトルで説明していきますが、言語をコニュニケーションのツールとして使っていきたいのであれば、普段の生活から学びたい言語を取り入れていける語学留学の環境というのは、とても大きなメリットがあります。

3. 生活の中で使われている環境こそが「しっかり言語が身につく勉強法」

言語を勉強してきた人なら分かる感覚かと思いますが、どれだけテストで良い点が採れても実践で使えるかどうかは別の話ですよね。

例えば、教材で学んだ内容が実際の会話の中では使われない内容であったりすることがしばしば。実践で使う目的で言語を学んでいるわけではないという方であれば問題はないのですが、将来的に仕事などで海外へ行ったときに、話せるレベルでありたい方などはしっかり言語が身につく勉強をすべきです。

日本で勉強することを決して否定するわけではありませんし、単語などのインプットするような内容であれば日本でも十分勉強はできます。ただ、生活の中で自然に使われる語学留学というような環境と日本とでは、やはり感覚的な身につき方が違ってくるかと思います。
なので、目的に応じて語学留学をすることおすすめします。


以上が留学するメリットとなります。
今ある生活から語学留学をするというのは大きな決断になるかと思いますが、それでもチャレンジしてみたいと思える目的があるのであれば、勇気を振り絞ってチャレンジしてみるべきです。チャレンジしてみたいと思えることがあるのは、とても素晴らしいことであり、価値あるものです。

また、語学留学するまでの流れを知りたい方は、「正しい語学留学先の選び方とエージェントを賢く使って費用を抑える方法」いう記事を書いておりますので、ぜひ参考までにご覧ください。

Aki

Aki

traveler

  ✈東南アジアを旅する夫婦✈

【Akiのこれまで】
①30歳でサラリーマンを辞める
②夫婦で東南アジア放浪の旅を決意
③旅と同時にブログを始める
④新型コロナの影響で旅に出られず
⑤出発できるまでニートを満喫中

一度きりの人生を後悔させないために
本当にやりたいことを模索中♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください