【Googleアドセンス】合格するまでに審査に10回落ちてわかったこと
\Twitterフォロー絶賛募集中です♪/

【Googleアドセンス】合格するまでに審査に10回落ちてわかったこと

Aki

Aki

こんにちは! Aki(@tabikkoblog)です。

自身で運営しているWEBサイトで収益を生み出そうと考えているなら誰もが一度はチャレンジするであろう「Googleアドセンスの広告」。

サイトを閲覧しているユーザーに最適な広告を自動で表示し、広告がクリックされる度に報酬を受け取れるという何とも有り難いクリック報酬型広告ですよね。

しかし、Googleアドセンスの広告を掲載するには、広告を掲載するに値するWEBサイトであるかどうかの審査に合格する必要があり、Google側が求める価値あるサイトでなければなりません。

また、最近ではGoogleアドセンスへ何度も申請したけど、Google側から「コロナウイルスの影響で審査できません」との回答ばかりでどうして良いのかわからない方が多くいらっしゃるかと思います。

私も最近まではその一人で、コロナウイルスが落ち着くまで待つしかないかーと理解しつつも、そんないつになるかも分からない先まで待てるわけないじゃん!と思い、審査に落ちては直ぐに再申請するといったことを繰り返しておりました。笑

ですが、何度アドセンス申請してもGoogle側からは「コロナウイルスの影響で審査できません」という回答のみで、再申請しては2、3日で不合格通知が返ってくるばかり…。

やはりコロナが収まるまではダメなのかと思っていたある日、再申請してから3日経ってもGoogle側から不合格通知が返って来ず、「ついに面倒臭がられて不合格通知すら送って来なくなったか」と思っていたのですが、再申請してから6日後にGoogle側から返信が…。

全く審査すらされてこなかった私のサイトへGoogle側から合格通知が来ました!

嬉しい反面、コロナウイルスの影響で審査できませんっていう回答は何だったの?という疑問ですよね…。何かしら審査するにも優先順位があって、やっと審査してもらえた感じなのかな?

アドセンスを申請し始めてから2ヶ月、回数にして10回の不合格通知をいただきました。

合格するまでの2ヶ月間で、アドセンス対策について検索し、取り入れてみたことなどもありましたので、そういった部分も少なからず評価されたのかな?と感じています。

何はともあれアドセンスに合格しましたので、同じような状況でまだ合格されていない方の参考になればと思い、アドセンス合格までに行ったことなどを公開していきたいと思います。

また、アドセンスに合格するための情報がネット上で多く存在し、何を信じて良いのか分からなくなりますよね。

どちらかというと、私のブログはアドセンス対策に対して最低限のことしか行っていないほうかと思っているので、私のブログ情報を通して結論付けることが出来ることなどあれば、ぜひ判断要素として参考にしていただければと思います。

Googleアドセンス合格時のブログスペック

  • WordPressを利用
  • エックスサーバーを利用
  • ブログ開設期間: 80日
  • ブログ記事数 : 14記事
  • 記事の文字数 : 2000〜6000字
  • 記事の更新頻度: 3〜14日
  • プロフィール作成済み
  • プラバシーポリシー作成済み
  • お問い合わせページ作成済み

アドセンスに合格するためには「記事数は最低でも10記事はあったほうがいい」とか「20記事は必要」といったさまざまな意見がネット上で飛び交っていますよね。

個人的な意見としては、記事数はあまり関係しないという見解です。
少なからず20記事も用意する必要はないですね。

Googleとしては、ユーザーが持つ疑問などを解消するための有益な情報の記事であることを望んでおり、記事の質にフォーカスしていると言えます。なので、8記事でアドセンスに合格した方や3記事で合格した方もいるというのが実情です。

それであれば、逆に記事数が多すぎるとアドセンスが不合格になった際に原因などの解明が把握しづらくなってしまうので、出来るかぎり記事数を少なめ(10〜15記事)にしてアドセンス申請をするのが理想的だと思います。

すでに「記事数が多すぎて不合格の理由が何か分からない」という方は、記事をいくつかに厳選して、アドセンスにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

記事数が多い方の対処法については、以下の記事にてまとめておりますのでご覧ください。

また、私のブログスペックを見るかぎり、文字数については2000字以上あれば十分で、記事の更新頻度についてはあまり審査対象とはならないかと思うので、気にする必要はないかなと言えます。

ちなみに、私はアドセンスを申請し始めてから1ヶ月が経過した5回目のアドセンス不合格時に、プロフィール、プライバシーポリシー、お問い合わせページを設置しました。その頃は記事数も8件でした。

アドセンス合格までの間に行ったこと

誤字脱字や文法の訂正

誤字脱字や文法の誤りは記事の質に関わることであり、Googleからの評価を下げてしまうこと恐れがありますので、十分にチェックしておいたほうがよいでしょう。

また、私は記事を作成するとき、Wordpressへ直接文章を打ち込むのではなく、マイクロソフト社のWordを使って文章を構成しています。

Wordには「校閲機能」が備わっており、校正・校閲を自動で行ってくれますので、文章の作成に自信のない方にはとてもおすすめです。

NGワード

Googleアドセンスのコンテンツポリシーに違反するワードがあるサイトには広告を掲載することができないので、該当するワードがあれば別の言葉に置き換えるなどしておきましょう。

フリー画像の削除

アドセンスでは、独自性を重視している傾向があるので、フリー素材の画像を使うことは独自性を低める印象を与える要素となり得ることから、アドセンス申請中は記事から画像を削除しておきました。
フリー素材の画像を使用しているのであれば、一旦削除しておくといいかもしれません。

GoogleコンソールのURL検査とサイトマップ送信

Googleクローラーに自身のサイトを見てもらうためにも、これは必ず行っておいたほうが良いでしょう。誤字脱字やNGワードによって訂正した記事は、クローラーに訂正した内容をいち早く見てもらうためにもURL検査からインデックス登録をリクエスト送信しておきましょう。
また、自身のサイト構造を正確に認識してもらうためにもsitemap.xmlも忘れず送信しておきましょう。

インデックス登録やsitemap.xmlの送信方法については、以下の記事にて理由とともに手順をまとめておりますので、ぜひご覧ください。

私のアドセンス合格を通して結論付けられること

PV数がほとんどなくても問題ない

恥ずかしながら私の一日あたりのPV数は5〜10PVでした。

アドセンスに合格するにはある程度のPV数が必要」と書かれている方がいらっしゃいますが、PV数がほとんどなくてもアドセンスには合格します!

悲しいですが、これは自信をもって断言できます!!!

ブログ開設期間が3ヶ月未満でも問題ない

これは私自信のサイトが実証していることなので問題ないでしょう。
ある人だと開設してから1ヶ月で合格したという方もいらっしゃるので、開設期間によって審査に左右されることはあまりないかと思います。

他のアフィリエイト広告を貼っていても問題ない

アドセンス申請時にはアフィリエイトリンク広告など貼らないほうがいい」という見解をされている記事を見たことがあり、少し気になっていたので敢えて広告を貼りっぱなしにしてアドセンス申請をしていたのですが、広告を貼っていても合格しました。なので気にする必要はないでしょう!

不合格通知後、直ぐに再申請を行っても問題ない

これは冒頭でもお話しましたが、とにかく不合格通知が来てはその日のうちに再申請をしていました。それでも問題なく合格しましたので問題ないでしょう。

記事の更新が一週間あいても問題ない

私のアドセンス合格時のブログスペックのところでも触れておりますが、私は更新の頻度が遅く、酷いときは2週間くらい更新が空いていた時もありました。ですが、早い時は2日後には記事を更新している時もあるので、一概に頻度が遅くても問題ないとは言い切れませんが、そこまで重視されていないような気もします。
ちなみに合格通知をいただいた時には、9日ほど記事を書いていませんでした。(汗)


以上がGoogleアドセンス合格に至るまでの記録となります。

Google側からの回答がひたすら「コロナウイルスの影響で審査できません」でしたので、回答に応じてサイトを訂正していった訳ではありませんが、ご説明した内容のことを参考にしていただければアドセンス対策に繋がるかと思いますので、ぜひ取り入れてみてください。

とにかく諦めてしまうとそこで終わってしまうので、挫けずがんばりましょう!!!

Aki

Aki

traveler

  ✈東南アジアを旅する夫婦✈

【Akiのこれまで】
①30歳でサラリーマンを辞める
②夫婦で東南アジア放浪の旅を決意
③旅と同時にブログを始める
④新型コロナの影響で旅に出られず
⑤出発できるまでニートを満喫中

一度きりの人生を後悔させないために
本当にやりたいことを模索中♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください