【Googleアドセンス】サーチコンソールを使って的確にサイト構造を伝える方法
\Twitterフォロー絶賛募集中です♪/

【Googleアドセンス】サーチコンソールを使ってサイト構造を伝える方法

サーチコンソールを使ってサイト構造を伝えよう

Googleアドセンスに何度も審査落ちしているときに、「正しくGoogle側へ自分のサイトを審査してもらえているのだろうか?」と、ふと疑問に思ったことはないでしょうか。

また、何かしらの理由で記事の内容やURLを変更したけど、「変更した内容ってGoogle側へちゃんと伝わっているの?」と、とにかく不安が尽きないときありますよね。

そういった運営しているサイトの構造や記事が送信できているかを確認するための方法がGoogleサーチコンソールの機能にあるのをご存知でしょうか。

検索エンジンに正しくページを送信しておくことは、Googleアドセンス以前に、サイトを運営している人なら誰しもが気にするSEO効果にも関係してくるところですので、Googleサーチコンソールの利用方法を手順も含めてご説明していきたいと思います。

サーチコンソール機能は、あくまでも検索エンジンのクローラに対して有効であり、アドセンスのクローラとは別物です。
但し、この2つのクローラは同じキャッシュを共有しているため、検索エンジンのクローラへコンテンツの更新情報が正しく伝わっていれば、アドセンスのクローラへも正しく伝わっていると判断することができ、送信状況の確認を行う分にはサーチコンソールは参考にできるツールと言えます。
なので、あくまでもサーチコンソールの機能はアドセンスとは関連性がなく、直接的な影響を与えるものではないことについてご理解いただいた上、本記事をお読みください。

Google Search Consoleとは

「そもそもGoogle search Consoleって何?」と思われている方もいるかと思います。

Google Search Console(グーグル・サーチ・コンソール 通称サチコ)とは、Google が公式で出している “SEO視点のサイト診断ツール” です。

2015年以前までは「Google ウェブマスターツール」と呼ばれていたツールであり、聞き覚えがある方もいらっしゃるかと思います。

サーチコンソールを利用することで、以下のようなことを行えます。

  1. コンテンツの更新をクローラへ伝える
  2. サイトマップを登録する
  3. クロールによるエラーやペナルティの発見および解除申請
  4. その他、サイトへの流入経路などマーケティングを行うための分析機能

今回は、アドセンスやSEOのためにも最低限行っておきたい1と2についてご説明していきたいと思います。

検索エンジンへインデックス登録をリクエスト

『1.コンテンツの更新をクローラへ伝える』は、コンテンツをインデックス登録リクエストすることで、クローラへ伝えることができます。

インデックスとは、SEO的な意味でわかりやすく説明すると「検索エンジンの中に記録されている情報」です。

検索エンジンの中にはいろいろなホームページの情報が入っており、誰かが何かを検索すると、検索エンジンの中に入っている情報から最適な情報(ユーザーが求めている有益なホームページ)を選び出し、検索結果として表示しています。

逆に言えば、検索エンジンにインデックスされていないとそのページは検索結果に出てきません。

では、「どのようにしてホームページは検索エンジンへインデックスされていくのか?」が気になるところですよね。

Googleには「Googlebot」と呼ばれるページをチェックするためのロボットが存在し、そのロボットが巡回(クロール)することで、膨大なページを管理しています。

ですが、新しく記事を投稿したり、記事内容を変更したからといって、直ぐにロボットがクロールしてくれるとは限りません。

下手すると、数日経ってもクロールされない可能性もあります。なんといってもロボットは膨大なページを捌いているわけですから。

では、「どうしたら自身のサイトを早くクロールしてもらえるのか」について。

早く自身のサイトをクロールしてもらう方法としては、Googleサーチコンソールから「インデックス登録のリクエスト」を行うことにより、「早く検索エンジンに反映してね!」とリクエストすることができます。

リクエストを行わなくてもロボットが自動的にクロールするので、いずれは更新した情報が反映されることにはなりますが、クロールするタイミングが不定期となっているので、できるかぎり都度、リクエストすることをおすすめします。

インデックス登録をリクエストする手順

  1. STEP

    Googleサーチコンソールにログイン > インデックスしたいURLを入力

  2. STEP

    公開URLをテスト > ②インデックス登録をリクエストを選択

これで、検索エンジンへのインデックス登録のリクエストは完了です。

ちなみに、記事を「noindexにしたい」や「URLを一時的に削除したい」場合は、Googleアドセンス絡みでこちらの記事に詳細をまとめておりますのでご覧ください。

サイトマップを送信してサイト構造を検索エンジンへ通知

『2.サイトマップを登録する』とは、サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことであり、ユーザーや検索エンジンにサイト内容をわかりやすく伝える役割を担っています。
サイトマップを設置しておくことで、ユーザーが目的のページを探しやすくなったり、検索エンジンがサイト内のページを知らせることができます。

そんなサイトマップには、HTMLとXMLの2つのファイル形式が存在します。

簡単に説明しておくと、以下のとおりです。

Sitemap.html → HTMLによって記述され、主にユーザーに対してサイト内で迷子にならないように目的のページにたどり着きやすくするマップです。

Sitemap.xml → 検索エンジンにサイト内のページ構造を伝える役割を担っています。検索エンジンはリンクを辿ってページを認識するので、内部リンクの構造が適切に構築されていないと、検索エンジンにとって「気付きづらいページ」になってしまいます。

今回は、検索エンジンへ送信するためのsitemap.xmlについてご説明していきます。

sitemap.xmlを送信するには、まずはsitemap.xmlを生成する必要があります。

sitemap.xmlを生成する方法として、wordpressを利用されている方であれば、プラグインをインストールするだけで簡単にsitemap.xmlを生成することができます。

有名なプラグインとしては、「Google XML Sitemaps」があり、特に設定などは必要なく、デフォルト設定のままでも十分に使えますので簡単でおすすめです。
WordPress内にあるプラグイン新規追加から検索すればインストールできますので、ぜひ試してみてください。

また、Sitemap.xmlの説明箇所でも言いましたが、サイトマップを送信していない場合、検索エンジンにとってサイト構造が理解しづらくなってしまいます。

そうなると、検索エンジン側で勝手に判断したサイト構造が優先されてしまい、本来のサイト構造でない内容でサイトが構造されてしまう場合もあり、正しい評価を受けられない可能性があります。

正しく検索エンジンから評価を受けるためにも、サイトマップを送信しておくこと必要があり、正しく記事がインデックスされているかどうかなども確認することができるので、記事に何かしらエラーがあった時にもサイトマップ画面を見ることで確認できるようになります。

私自身、サイトマップを送信したことで、投稿している記事数が「本来の記事数」と「Google側がインデックスしている記事数」とで相違があることに気付き、旧記事のURLがインデックス上に残っていることを発見することができました。

結果、原因として旧記事をしっかり削除処理できていなかった事とリダイレクト設定を正しくできていなかった事によるものであると解明することができました。

ちなみに、「記事を正しく削除する方法」や「削除したあとに設定しておくHTTPステータス404の設定方法」については、先程と同じくこちらの記事にまとめておりますのでご覧ください。

このように、思わぬところで間違いを起こしていることが、Google側のインデックス内容を確認することで知ることができ、正しいサイト構造へ近づけていくことができるので、とても便利ですよ。

サイトマップの送信手順

  1. STEP

    Googleサーチコンソールにログイン > ①サイトマップ > ② 新しくサイトマップを追加 送信

    ※基本的には、自身のURLの後に「/sitemap.xml」が付くかたちになります。

  2. STEP

    送信が完了すると、送信されたサイトマップ欄に送信したサイトマップのステータスが表示されます

登録直後では、ステータス欄が「取得できません」と表示されているかと思いますが、焦る必要はありません。
Googleが完全にサイトマップを読み込むまでは、取得できませんという表示になりますので、10分ほどお菓子でも食べながら待ってみてください。

取得が完了すると、添付画像のようにステータスが「完了しました」と表示され、検出されたURL欄に読み込まれたページ数が表示されます。

読み込まれたページ数の内容については、表示をクリックすると確認することができますので、チェックしてみてください。

不要なページなどが読み込まれていた場合は、対処するようにしましょう。

また、もし一日経ってもステータス表示が「取得できません」から変わらないようであれば、何か問題が発生している可能性がありますので、表示をクリックして原因を確認してみましょう。


以上が、Googleサーチコンソールの使い方になります。

今回、説明したサーチコンソールの機能はごく一部であり、サーチコンソールには他にも機能が充実しており、Googleアドセンスに関わらず、これからブログやサイトを運営していく中で、運営しているサイトの検索情報などを収集するための必須ツールとなっていくので、サーチコンソールの使い方を覚えておいて損はないでしょう。

アドセンスに合格するための内容については、こちらの記事をご覧ください。

Aki

Aki

traveler

  ✈東南アジアを旅する夫婦✈

【Akiのこれまで】
①30歳でサラリーマンを辞める
②夫婦で東南アジア放浪の旅を決意
③旅と同時にブログを始める
④新型コロナの影響で旅に出られず
⑤出発できるまでニートを満喫中

一度きりの人生を後悔させないために
本当にやりたいことを模索中♪

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください